物語

東京オリンピックで銅メダルを獲得した円谷幸吉と、その四年後にメキシコオリンピックで銀メダルを獲得した君原健二。
ライバルでもあり友人でもあった二人の物語。

1964 年、東京オリンピック。

きら星のごとく現れた新人ランナー・円谷幸吉はマラソン種目で銅メダルをもぎ取った。

入賞を逃したライバル・君原健二は、絶望の底に落ち引退を決意する。

日本中の期待を背負って、次なるメキシコ五輪へ向けて走り始める幸吉だったが、恋人や信頼するコーチとの別れ、そして故障を抱えながら次第に調子を落としていく。

一方、君原は受け取った一通のファンレターから生まれた交流に励まされ、もう一度走り始める。

走ることに再び生き甲斐を見出した健二の耳に飛び込んできたのは“円谷幸吉・死去”という報せだった…。


1964年、東京オリンピックを駆け抜けた二人のマラソンランナー、円谷幸吉と君原健二の人生は、「走る」という共通点だけがあり、それ以外はすべて好対照・正反対でした。しかし二人の間には、孤独に走るマラソンという競技の中で無言のうちに手渡されたバトンがあった。物語のように美しい二人の人生を多くの人に伝えたいと思います。

谷 賢一